Written by
ワイン
これを知っていればちょっと鼻高。ワインの作られ方

ワインってぶどうから出来ているのは知っているけど、どうやって作られてるの? 作られ方がわかれば、ワインの違いもよく分かる!

今回は、レストランでも出会うことが多い代表的なワインがどのように作られているか紹介します。自分の口に合ったワインの作られ方やぶどうの種類から知ることで、注文もスマートに、さらに食事の時間も楽しくできます!

ワインの種類ごとに作られ方も違う!! 

図を見るとわかるように、赤ワインと白ワインの違いは圧搾(あっさく)のタイミングにあります。ぶどうの皮の色ではありません!白ワインの中にも色のついた皮の品種を用いているものもあります。また、白のイメージのあるシャンパンなどでも黒ぶどうが使用されているとのことです。

白ワインは果汁だけを発酵させているので綺麗な透明に仕上がります。

逆に赤ワインは皮や種ごと発酵させることでそれらに含まれるタンニンが溶出し、あのワイン独特の渋みであったり、あの深い赤色が生まれやすくなります。

ロゼワインは一般的に発酵の途中で皮と種を取り除くことで、赤と白の間のピンクのような色合いとなっています。

また、スパークリングワインは熟成期間中に二次発酵で発生した二酸化炭素を大気に放出しないことで作られます。

普段耳慣れないワインの中にはフォーティファイドワインやフレーヴァードワインというものもあります。 

発酵の途中でブランデーなどのぶどう由来の度数の高いお酒を加えることで発酵を止め、糖分を多く残したワインをフォーティファイドワインと言います。 

また、完成したワインにぶどう以外の果実や果汁、香草、薬草などを加えて香りづけしたものをフレーヴァードワイン言います。


ワインに使われる代表的なぶどうの種類 

ワインはぶどうに手を加えずに作られるので、ぶどうの味が完成するワインに直接影響します。また、ぶどうの産地名や品種がそのままワインの名前についていることも多いです。 自分の気にいったワインの原料となっているぶどうを覚えておくだけで、これからワインを選ぶことがグッと楽になりますよ!

赤ワイン 

カベルネ・ソーヴィニヨン  

代表的な品種。フランスのボルドーが産地として有名。暖かい気候を好む。収穫時期が遅い晩熟。  長い熟成にも耐えることができ、深い味わいとなる。 

メルロー  

上のカベルネ・ソーヴィニヨンと同じくボルドーが産地として有名。カベルネ・ソーヴィニヨンよりも早熟で、タンニンが強くなくやわらかな味わい。

ピノ・ノワール  

フランスのブルゴーニュが産地として有名。涼しい気候を好む。タンニンが多くなく、フルーティーな香りでなめらかさがある。

白ワイン 

シャルドネ  

白ワインの代表的な品種。シャンパンの原料としても知られる。フランスのブルゴーニュやシャンパーニュが産地として有名だが世界中で作られる。産地や気候の違いで様々な味わいを生むことこともあり、人気が高い。 

ソーヴィニヨン・ブラン  

フランスのボルドーやロワールが産地として有名だが、徐々に世界中で栽培されるようになっている。産地によって味わいが変わる。 

リースリング  

ドイツの代表的な品種。甘口から辛口まで幅広い味わいを生み出す。強い酸を持っていて、長期の熟成にも耐えられる。


まとめ 

他にも世界中には様々な種類のワインが存在していて、国柄・土地柄が大きく影響されていたりします。現在は世界中でワインの製造がされていて、同じ種類のぶどうから造られているワインでも、気候により全然違う味わいが生まれます。旅行などで訪れた際はその土地ならではのワインを紹介してもらうのも楽しいでしょう。 

また、最近では日本でも国産のワインが多く造られています。日本食に合うような味のものもあるので、ぜひ自分の口に合うワインを探してみてください。

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
shio
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。