Written by
フットサル
生涯スポーツとして楽しむ!OLフットサル・プレイヤー
自分流のスタイルで、心からやりたいこと(=趣味)をとことんやり続けている人々は、どのようなスタイルでその趣味を続け、楽しみや喜びを得ているのか? 今回は、会社員として営業の仕事をしながらフットサルを競技として行っている河内美樹さんに注目。今や女性にも人気を集めているフットサルの魅力に迫る。

サッカーとは別物と気付き、新たなスポーツとして始める

――フットサルを始めたきっかけはなんでしょうか?

もともと姉の影響で、小学生の頃にサッカーを始めて、大学生までやっていました。

サッカーで一回ケガをして、手術とかも何回かしていたので、大きなグラウンドを駆け回るのも辛くなってきて、大学の卒業の時に知り合いに相談したら、フットサルを勧められて、その人の紹介でチームに入れてもらいました。


――それが今のチームですか?

それは何チームか前です。チームを転々としていたので。


――それで紹介されて実際にやってみたら面白かった?

そうですね。

サッカーと違って、まず足裏でボールを止めたりとか。そもそもボールがサッカーよりも一回りちっちゃいんですよ。重かったりもしますし。

「サッカーのちっちゃい版だな」と思って始めたんですが、やってみて「別の競技だな」って思いました。

ディフェンスとかオフェンスとかの内容も全然違うし。

「全然違うなぁ」と思って、逆に新しいスポーツとしてもっとやってみたいと思いました。

――サッカーにないフットサルの面白さって何でしょうか?

サッカーって相手を騙す動きってあまりないんですが、フットサルはコートが小さいので、相手のディフェンスを騙して、かわしていくのが楽しいです。

相手を騙せた時はすごく嬉しいですね。それで、自分がフリーになっているのが良い。

それが一番の違いだと思います。


――サッカーよりも動きの戦略が多いんですね。

多い気がします。

フットサルだと、チームであらかじめ決めた動きを、サインを出して実行していくようなサインプレーをよくやります。

サッカーをやっていた時に自分が所属していたチームでは、そのようなプレーはあまりしませんでした。

――フットサルはプライヤーが5人なので、サッカーよりもだいぶ人数が少ないですが、人数による違いはありますか?

サッカーは人数が多いので、ボールに関わっていない時間がわりと多いので、サボろうと思えばサボれちゃいます。

でもフットサルの場合は、キーパーを除くと4人なので、1人サボると全然試合が回らないんですよ。だから、4人が本当に上手くまわらないといけない。

そこがまた楽しいですね。


――それは、「がんばんなきゃ」って気持ちになりそうですね(笑)

そうですね(笑)


――逆にサッカーに求めていたものでフットサルにもあったものはありますか?

1人でやっていると「もういいや」ってなっちゃって、個人スポーツは自分には合わないので、チームスポーツが好きなんです。

サッカーもフットサルも1つのゴールをみんなで攻めるっていうのが同じです。

それはバスケでも、ハンドボールでも同じですが、同じ足を使う競技で、今までやっていたものが少しでも活かせるところでフットサルを選びました。

目標がある充実感を求めて競技に没頭

――競技としてフットサルをやられているとのことですが、試合は年にどれくらいやっているのですか?

私のチームは「東京都フットサル連盟」に加盟しているのですが、連盟が開催しているリーグは、年に7試合です。

リーグ戦は4月〜12月くらいの間で試合が行われています。自分のチームが今いるリーグが8チームで構成されているので、総当たりで7試合といった感じです。

月に何試合かある月もあれば、間が空く場合は二ヶ月の間試合がなかったりもして、試合数に波がありますね。

なので、その間に民間の施設が開催している大会に参加もしています。

だから、リーグの試合と民間の試合とで、試合は多くやっています。

――チームメンバーは何人いるんでしょうか?

今は、17人います。


――プレイヤー5人に対して17人ってけっこう多いですね。

試合に出るとけっこう疲れるので、3〜4分毎に人を交代していきます。なので、だいたい10〜11人くらいは参加しています。

交代が自由なので、どんどん変わっていく感じでやっています。

連盟側のリーグが、登録自体14人しかできなので、登録に入る競争は多少ありますが。


――チームメンバーにはサッカー出身者が多いんですか?

半々くらいですね。

そんなに小さい時からやっている人はいないです。社会人から始めた人もけっこういます。あと、学生の子で最近始めたって子もいます。


――学生の子もいるんですね。

うちのチームは学生1人ですが、若いチームは高校生とか中学生とかもいます。


――年齢制限が全然ないんですね。

小学生は出れなくて、12〜13歳くらいからは出れます。

そこから上は40〜60歳くらいまでいらっしゃいますね。

年齢層がかなり幅広いです。

――競技としてのフットサルと遊びとしてのフットサルの違いはありますか?

遊びでやっている時は楽しければ良くて、勝ち負けは気にしないでやっています。シュートを外してしまってもなんとも思わないですし。

でも、競技だと楽しい中に意識高く「試合に勝つ」っていうモチベーションを持っている必要があります。一つ一つのプレーの重みが違いますね。

遊びでやるのも楽しいけど、それだけだとそのうちきっと物足りなくなると思います。


――それは、ずっと競技としてサッカーをやっていたからですか?

それはあると思います。

ずっと部活とかだったので、何かの大会の優勝を目指していたりしたので。

自分の中ではフットサルも好きなんですけど、目標があって、外の人達と競い合って、チームの人達と何かやっていくのが好きなんだと思います。

――競技としてやっていて印象に残っていることはありますか?

今のチームは自分ともう一人の人が「チームを作ろう」ってなって始めたんですが、そのチームが昨年3部から連盟に加入して、2部に昇格できた時は、”グッ"とくるものがありましたね。

2部への昇格を決める試合があったんですが、試合に勝って終わった後は、あんま覚えていないくらい嬉しかったです。

10年近くフットサルをやっているんですけど、それが一番嬉しかったですね。

職場での理解で仕事と両立

――練習はどのくらいの頻度でやっているんですか?

平均は、週2回くらいです。

試合が入ったりすると、3回あったりとか。

基本的には、平日1回、土日1回でやっています。


――平日に練習があると仕事との調整が大変なこともあると思うのですが、どのように調整しているのでしょうか?

私の場合は、職場の周りの人がフットサルをやっていることを知っているので、練習があるときは、会社のスケジュール管理システムに、17時半くらいから”外出”って、大きく入れてちゃってます(笑)

先輩とかは「今日行かなくていいの?」って、逆に心配して言ってくれます。

上司を含め、みんな良い方なので、「いってらっしゃ〜い」みたいな感じで送り出してくれるんですよ。

――職場の方々が良心的な人だと、フットサルをやっていることを言ってしまったほうが楽ですね。

そうですね。

職場の人が協力的にしてくれているので、 練習にちゃんと行けて、趣味と仕事と上手いこと両立できてますね。

私は、ずっと仕事ばっかりになるのは苦手なので、平日でも仕事後の時間は有効に使いたいんですよ。

だから、両立できるのは良いですね。


――フットサルをやっていてプラスになっていることはありますか?

ストレス発散とかですね(笑)

何かしらストレスとかあったら、フットサルで溜まったストレスを忘れられます。

チームでやる以外に遊びでフットサルをやりに行ったりもします。チームメイトに誘ってもらって、チーム外の人とやりに行くって感じで。

勝負に拘らない楽しさを改めて味わうために、そういうのも「必要だな」って思います。

フットサルは生涯スポーツ!ずっと続けていきたい

――今後目指しているものはありますか?

競技をやっているからには、東京都リーグの1部や関東リーグを目指して、目標を高く持っていきたいです。

いつも高い目標と短期的な目標を設定するようにしていて、チームの現状のレベルを考えて、細かい目標も設定しています。

例えば、今年リーグで5位だったら、次は4位以上を目指すとか。前の年よりもチームが良いプレーをするっていう目標を立ててやっています。


――競技としていつまで続けていきたいですか?

60代近い人もやっているので、体力的にいけるところまでは競技としてやっていきたいです。その後は遊びとして続けていきたいですね。

遊びとしても、体力があるんだったら、今と同じような頻度でやっていきたいです。

――ずっとスポーツやってると健康てきにも良さそうですね。

そうですね。ダイエットにもなるし(笑)

フットサルに限らないですが、スポーツをやっている方って「アグレッシブさもあるし、見た目も若くなる」って話を女子の中でしてます(笑)

年齢がだいぶ上の方でもやっているので、将来的にずっと生涯スポーツとして楽しみたいと思っています。

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
Hirofumi Aoki
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。