Written by
低山登山
気軽にチャレンジ!低山登山の趣味広げ方〜高尾山〜

低山登山は初心者でも気軽に始められることが魅力です。 

最初は登りやすい山から始めて、楽しいと感じられればその山を起点に、徐々に距離と装備を増やして本格的にしていくと良いでしょう。

 今回は、都内にある「高尾山」で、段階的に距離を伸ばしていけるコースをご紹介します。


STEP1:高尾山

おすすめポイント 

・ケーブルカーやリフト(詳細はこちら)もあり、体力に自信がなくてもいきやすい 

・道やトイレが整備されているので登りやすい 

・新宿から京王線1本で行ける 

・山頂までのルートが数多くあり、自身の体力レベルに合わせて選べる(人気で観光客もたくさんいる1号路から、本格的な山登りの稲荷山ルートも!)

持ち物 

・バックパック 

・上下分かれたレインコートと傘 

・ライト(下山時に暗くなる場合は高尾山でも必須!) 

・防寒着 

・食料(おにぎり、パン、チョコレートなど) 

・水筒(ペットボトル500ml×2本くらい) 

・エマージェンシーキット(絆創膏や薬など) 

・タオル 

・帽子

山情報 

・アクセス:京王線高尾山口駅より徒歩 

・山頂までの時間(登り):約1時間半(1号路、ケーブルカー&リフト使用しない場合) 

・距離:約4km 

・コース:高尾山口駅〜高尾山薬王院〜高尾山山頂


STEP2:高尾山〜一丁平

(もみじ台からの景色Photo by ©︎Guilhem Vellut Taken on September 20, 2013  

おすすめポイント 

・高尾山山頂から少し足を伸ばした位置 

・春には桜が咲き乱れる、花見の名所 

・展望台もあり、眺めも良い

持ち物 

・STEP1と同様 

・地図(ガイドマップなどでもOK) 

・動きやすい服装

山情報 

・高尾山山頂からの所要時間:約30分 

・登りコース:高尾山山頂〜もみじ台〜一丁平 

・下りコース:高尾山の方へ戻って下山


STEP3:一丁平〜小仏城山 

(小仏城山の茶屋 Photo by ©︎Guilhem Vellut Taken on September 20, 2013

おすすめポイント 

・高尾山のお隣の山。標高は670mで景色も良い 

・頂上の茶屋はメガ盛りカキ氷(夏限定)が有名 

・芝生のスペースもあり、休憩場所としてもgood! 

・途中ルートから一丁平への眺めがいい!

持ち物 

・STEP2と同様 

・滑りにくい靴にすること(トレッキングシューズだと尚良し)

山情報 

・一丁平からの所要時間:約20分 (高尾山から約50分) 

・登りコース:一丁平〜小仏城山 

・下りコース:小仏城山〜小仏峠〜小仏バス停〜JR高尾駅 or 小仏城山〜日影バス停〜JR高尾駅


STEP4:小仏城山〜景信山 

景信山山頂の木彫りの天狗眺め Photo by ©︎Guilhem Vellut Taken on September 20, 2013)

おすすめポイント 

・標高は727m。 天気がいいと江ノ島まで眺められる。

・山頂に茶屋(営業日、時間は要check!)があり、冷たい飲み物や温かいなめこ汁、うどんを食べられる。 

・山頂までの最後の登りが結構きついので本格的に登山を楽しめる。

持ち物 

・STEP3と同様 

・トレッキングシューズ(滑りやすい箇所も多々あるので必須) 

・温度調節のきく服装 

・事前のコース調べ 

山情報 

・小仏城山からの所要時間:約1時間  (高尾山山頂から約2時間)

・登りコース:小仏城山〜小仏峠〜景信山 

・下りコース:景信山〜景信山登山口〜小仏バス停〜JR高尾駅


まとめ 

低山登山は気軽に自然を楽しめ、季節の移り変わりを肌で感じることができます。 注意する点としては、高度があるわけではないので夏場はとても暑くなります。また、春と秋は登りやすいシーズンとなるので混雑することも多くあります。低いからといって下調べを怠ることはしないでください!

今回紹介した高尾山はルートがたくさんあって、毎週登ることを趣味にしている方がいるほどです。 楽なルートから始め、自信がついてきたら少しずつハイレベルなルートにもチャレンジしてみるというように、自分の体力に合わせて楽しく山登りをしてください!

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
shio
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。