Written by
テルミン
触れずに演奏できる電子楽器「テルミン」の特徴と魅力

独特な音色が印象的なテルミンは、その演奏法も実にユニーク。空中で手を動かすだけで、触れることなく演奏きる世界初の電子楽器です。実にレトロでありながら、音楽がもつ無限の可能性を感じさせてくれる魅力的な楽器です。

テルミンってなに?

テルミンは世界初の電子楽器。1920年にロシアの天才物理学者レフ・セルゲイヴィッチ・テルミンによって開発されました。

最大の特徴は、本体に触れることなく音を奏でられること。空間中で手の位置を変えることによって、音高と音量を調節します。

©The Bakken Museum Taken on April 27, 2012


本体には2本のアンテナが付いており、ループアンテナが音量をコントロールする「ボリュームアンテナ」で、垂直アンテナが音高をコントロールする「ピッチアンテナ」です。 この2本のアンテナには電磁波が流れており、アンテナとの距離や面積に反応して音が変化する仕組みです。

ピアノの鍵盤のように音階を視覚的に認識できず、空間中で音を調節しなければならないため、演奏には経験とコツが必要です。


テルミンはどんな音がするの?

©The Bakken Museum Taken on July 17, 2013

テルミンの音は、電子楽器特有の不思議な音。

人の歌声のような美しい音色から、無機質な機械音まで奏でることができるので、用途に合わせてさまざまな印象を与えることができます。

テルミンの個性的な音は、映画の効果音として使われることも。

恐怖映画で不気味な雰囲気を演出したり、SF映画では近未来的なイメージを表したりすることが多いようです。

また、アナログな楽器では、ミュージックソーの音と似ているといわれています。ミュージックソーとは、西洋ノコギリの形をした楽器用のノコギリのことです。



テルミンを体験してみよう

知れば知るほど興味深いテルミン。

実際、どんなふうに演奏するのか気になる方も多いのでないでしょうか? そこで試してみていただきたいのが、テルミンの演奏を体感できるサイトです。

femurdesign.com

サイト内の黄色いエリアをクリックすると音が出ます。左右で音程、上下で音量が調整できるようになっているので、お好みの場所をクリックしてみてください。

ドラッグして音の変化を楽しんだり、音の位置を覚えて演奏にチャレンジしたりできますよ。

パソコンやスマートフォンなどお好みの方法で試してみてくださいね。


テルミンの世界にふれてみて

©Michael brown Taken on May 26, 2012

珍しい楽器でありながら、どこか懐かしさを感じるテルミン。

不思議な音や怖い音、美しい音などさまざまな音色を楽しめるとても魅力的な楽器です。まずはサイトで試してみて、どその世界にふれてみてはいかがでしょうか。


top photo by ©Jon Hurd Taken on September 27, 2007

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
eichi
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。