Written by
パーカッション
どれから始めればいいの?パーカッションの練習方法 

パーカッションの種類はとても豊富。いざ試してみようと思っても、どの楽器から始めればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか? 今回は、パーカッション入門編として、基本を覚えるために最適な楽器と練習方法をお伝えします。


パーカッションを始めるならスネアドラムから

©Vladimir Morozov Taken on November 22, 2009

1100種類を超えるといわれるパーカッション。もちろん好きな楽器からOKですが、きちんと習得したい場合は、ドラムから始めるのがおすすめです。

ドラムはさまざまな音楽シーンでみられる楽器なので、ロックやポップスはもちろん、吹奏楽やオーケストラでも活躍することができます。 

 しかし、いきなりドラムセット全てを使って演奏するのは難しいもの。基本を覚えるためにも最初はスネアドラム、いわゆる小太鼓から始めるとよいでしょう。マスターすると、このようにクールな演奏ができるようになりますよ。


必要なものはなに?スネアドラムのはじめ方

スネアドラムを始めるなら、まず購入したいのはスティックです。ドラムを自宅で鳴らすのは難しいかもしれませんが、スティックでの練習はどこでもすることができます。スタジオや教室などで実際に練習してみて続けられそうであれば、自分のスネアドラムを用意してみてはいかがでしょうか。まずは、スティックの正しい持ち方から覚えましょう。


次に学んでおきたいのが、スネアドラムの仕組みと基本の叩き方です。こちらの動画にわかりやすく解説されているので、ぜひ参考にしてみてください。


レッスンに通えばさまざまな楽器を体験できる

©Jeremy Jenum Taken on January 14, 2011

動画で基本の叩き方を覚えることはできますが、本格的にマスターしたい場合はレッスンに通うのも一つの手。プロの指導を受けることで上達が早くなりますし、さまざまな楽器にふれるチャンスも増えますよ。

レッスンに通うならグループレッスンか個人レッスンのどちらかを選ぶことになります。

趣味として仲間と楽しく練習をしたい方はグループレッスンもいいですが、特定の楽器をマスターしたい場合は個人レッスンを選択するとマンツーマン指導を受けることができます。ただし、費用は個人レッスンのほうが割高なことが多いので、予算もふまえて検討してみてください。


パーカッションで音楽の楽しさを感じてみて

実際に楽器にふれてみると、その魅力を肌で感じることができます。手持ちの楽器がなくても、スタジオやレッスン教室ならドラムをはじめとした楽器が用意されています。お好みのパーカッションで、音楽の楽しさを味わってみませんか?


top photo by ©Janne Poikolainen Taken on January 25, 2010

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
Rena Koga
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。