Written by
陶芸
お気に入りの陶芸を見つけに行こう!


「陶芸って高いんじゃないの?」
いいえ、そんなことはありません。もちろんピンキリですが、お手頃価格なものもたくさんあります。
ぜひお気に入りを見つけに行きましょう!
もちろん、近所のお店にも売っていると思いますが、「わざわざ買いに行く」のも楽しいですよ♪


陶器市に行ってみよう!

毎年、全国各地にある陶芸の生産地では陶器市が開催されています。だいたいゴールデンウィーク前後や10~11月の連休に開催されるので、旅行などのついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

作家の方がそれぞれにブースを設けており、なかには数百円のお値打ち品も見つけられるます。目移りしてしまうほど大量に販売しているので、ぜひ1日かけてゆっくり見て回りましょう。

Ⓒsalchuiwt Taken on May 6, 2015

Ⓒsalchuiwt Taken on May 4, 2010


窯元に行ってみよう!

窯元には、大きく分けて2種類あります。個人で窯を所有していて作品作りから販売までしている窯元と、何十人もの職人が所属していて即売所を持っているような大規模な窯元です。

窯元に行けば、実際に作っていることを見学してから購入することができます。ただし、事前予約が必要な場合もありますので、行きたい窯元が決まったらあらかじめ予約の有無や公開時間を調べるようにしましょう。

Ⓒ克年 三沢 Taken on April 3, 2010

Ⓒ克年 三沢 Taken on April 3, 2010


かっぱ橋道具街に行ってみよう!

東京都台東区にある「かっぱ橋道具街」では、料理道具や厨房設備、製菓商品、陶器・漆器、食器など何でもそろいます。プロの料理人向けの店もありますが、一般の方でも気軽に入れる店もたくさんあるので、一度訪れてみると楽しいですよ。

また、河童橋道具街は、浅草と上野の間にある商店街なので、東京観光のついでに訪れるにもぴったりです。

Ⓒnakimusi Taken on October 21, 2008



ほかにも、個人がギャラリーや催事場などのブースで開催している陶展で買うこともできます。作者が店頭になっていることがよくあるので、直接話してみたい方にはお勧めです。

陶芸は、同じ柄でも一つひとつ趣が異なるものです。そして、私たちの暮らしに彩を添えてくれます。

ぜひ実際に手にとって、お気に入りの逸品を一つひとつ選んでみてください。

ただし、陶芸は割れ物です。陶器市をはじめ、陶芸が多く並んでいる場所に行くときは、お手持ちの荷物などをうっかりぶつけてしまわないように気を付けましょう。

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
小山典子
投稿者
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。