Written by
スカイダイビング
初心者でもすぐ飛べる!スカイダイビングってどんなスポーツ?

スカイダイビングはその名の通り、空からダイブするスポーツ。難しそうですが、誰でも気軽に体験できるのがスカイダイビングの魅力です。ストレス解消にも人気のスカイダイビングとはどんなスポーツなのでしょうか? 

スカイダイビング体験は初めての人でもすぐ飛べる! 

国内外にはスカイダイビングクラブがあり、初心者向けにカイダイビング体験を開催しています。

いきなり飛ぶなんて怖いと思ってしまうかもしれませんが、インストラクターとふたり一組で飛ぶので心配いりませんよ! 

参加するにあたって、特別な準備は必要ありません。器具は全てレンタルできますので、動きやすい格好で行けばOK。


スカイダイビング体験の流れは?

©Skydive Andes Chile Taken on November 12, 2011

まずは地上で、インストラクターからレクチャーを受けます。流れや器具についての説明、飛び出し方や姿勢の取り方の練習を行うのが一般的です。

レクチャーが終わると実際に器具を装着して飛行機に乗り込みます。この後、ジャンプする高度まで飛行機で上がります。遊覧飛行の時間を取り入れているクラブもあります。

ジャンプの高度はクラブによって異なります。約1000mから、国内では最高で約4000mまで上がるところもあります。高度が上がるほど、フォールする時間が長くなります。

飛行機が目的の高度に達したら、いざジャンプ!

腹這いの姿勢で、インストラクターと一緒に空中に飛び出します。

最初はパラシュートを開かずに自然落下するフリーフォール。約3500mからのジャンプでフリーフォールは約40秒です。全身で飛ぶ感覚を楽しみましょう! 

一定の高度まで降りたらパラシュートを開き、ゆっくりと空中散歩。上空からの景色を楽しめます。

インストラクターの指示を聞きながら、着地。スカイダイビング体験の終了です。


スカイダイビング体験参加の条件は?

©Rory Finneren Taken on December 3, 2011

健康な大人なら基本的に誰でも体験できます。クラブによって18歳以上、65歳以下、身長150cm以上、体重80kg以下など、参加条件が設けられていることがあります。未成年の人は保護者の同意書を持参しなければいけない場合もありますので、事前に確認しましょう。

体調不良を避けるため、前日から飲酒と献血、スキューバダイビングは避けてください。また、健康について不安がある人や体調が優れない人はきちんと申告すること。安全第一で楽しみたいですね。


費用はいくらかかる?

スカイダイビング体験の費用はクラブごとに異なります。国内であれば3万円くらいと考えておくと良いでしょう。体験だけの場合も入会が必要なクラブだと、さらに入会金が必要になります。 


さぁ、空へ飛び出そう! 

©Skydive Andes Chile Taken on November 12, 2011

70歳を超えてもスカイダイビングを趣味にしている人がいるくらい、健康であれば年齢にかかわらず楽しめるスポーツ。「一生に一度」とは言わず、長く楽しむことを目標にしても良いですね。

絶叫マシーンのような興奮感と爽快感、鳥になったような開放感を味わえるスカイダイビング。空を飛ぶ気持ち良さを体感してみませんか? 


top photo by ©Nani Puspasari Taken on January 18, 2012

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
eichi
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。