Written by
スカイダイビング
日本でも海外でも!スカイダイビングができる場所は?

「スカイダイビングに挑戦してみたい!」と思ったら、まずはスカイダイビングクラブ探しから。それぞれのクラブに、違った魅力がありますよ。日本国内と海外の、スカイダイビングスポットを紹介します。


国内のスカイダイビングスポット 

日本でスカイダイビング体験ができるのは5か所です。


【北海道】

©︎darrenou Taken on August 18, 2006

北海道スカイダイビングクラブ 

北海道の広大な自然を楽しみながら飛べるスカイダイビングクラブ。インストラクター陣はベテランが揃っています。冬季は休業。シーズンは4月中旬頃~11月初頭です。

住所:北海道美唄市茶志内町3区 美唄農道空港(美唄スカイパーク) 

ホームページ:http://www.skydive.co.jp 

スカイダイビング体験:35,000円


【関東】 

東京スカイダイビングクラブ 

埼玉県にある、東京からいちばん近いスカイダイビングクラブ。スカイダイビング専用の19人乗り飛行機はアジア最大級。宿泊設備もあります。

住所:埼玉県比企郡川島町山ヶ谷戸496(事務局) 

ホームページ:http://www.tokyoskydivingclub.jp 

スカイダイビング体験:32,000円


スカイダイビングFast 

成田空港から車で30分、千葉県と茨城県の県境にあるスカイダイビングクラブです。代表は飛行回数9,300回以上、日本選手権で優勝経験もある人物。電車でいく場合には最寄り駅から送迎があります。

住所:茨城県稲敷郡河内町大徳鍋新田1962 大利根飛行場 

ホームページ:http://www.skydivefast.com 

スカイダイビング体験:49,800円


スカイダイブ藤岡 

栃木県と埼玉県の県境に位置します。国内最高の4000mからジャンプでき、約60秒のフリーフォールを体験できます。飛行機ではなくヘリコプターを使用している珍しいクラブ。宿泊設備があり、最寄り駅からの送迎もあります。

住所:栃木県栃木市藤岡町藤岡1837 

ホームページ:http://skydivefujioka.jp 

スカイダイビング体験:クラブにお問い合わせください。


【関西】 

スカイダイビング関西 

スカイダイビング体験ができる西日本唯一のクラブ。日本海を眺めながらのジャンプが楽しめます。会員登録が済んだら約10分の講習でスカイダイビング体験が可能。

住所:兵庫県豊岡市岩井字河谷1598-35 コウノトリ但馬空港西側格納庫 

ホームページ:http://skydiving-kansai.com 

スカイダイビング体験:50,000円


海外のスカイダイビングスポット

©︎Tyler S. Miller Taken on February 19, 2012

旅行先でオプションとしてスケジュールに組み込むのが人気です。日本では見られない景色を楽しみましょう! 日本語予約に対応しているクラブを紹介します。


【ハワイ】 

スカイダイブハワイ 

オアフ島北部にあるクラブ。ドロップゾーンからの景色は世界一といわれ、ダイヤモンドヘッド、パールハーバー、ノースショアを一望できます。

住所:68-760 FARRINGTON HWY WAIALUA, HI 96791 

ホームページ:http://www.skydivehawaii.jp(日本語) 

スカイダイビング体験:$219


【グアム】 

スカイダイブグアム 

日本人スタッフが多数在籍しているので、当日のレクチャーも日本語でOK。ジャンプ高度を上げられるオプションがあります。ジャンプ前には遊覧飛行があり、飛行機からも雄大な景色を満喫できます。

住所:Barrigada 96921 Tiyan, Guam, USA 

ホームページ:http://www.skydiveguam.com(日本語) 

スカイダイビング体験:$289(2400mからのジャンプ)


【ニュージーランド】

©︎Michael Napoleon Taken on May 9, 2004

NZONE 

スカイダイブ アドベンチャーが盛んなクイーンズタウンにあるクラブ。ジャンプする高度によって料金が異なります。リマーカブルズ山脈の麓がドロップゾーンで、季節によっていろいろな景色を楽しめます。

住所:35 Shotover St, Queenstown, NZ 

ホームページ:http://www.nzoneskydive.co.nz(日本語あり) 

スカイダイビング体験:NZ$299(2700mからのジャンプ)


さあ、どこからジャンプしたい?  

まずはいちばん近いところで体験してみても良いですし、景色が楽しめる場所をチョイスするのもひとつの選び方。海の上を飛ぶか、山の上を飛ぶかはあなた次第です! 

Top Photo by ©︎Skydive Andes Chile Taken on October 3, 2014

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
shio
投稿者
趣味ライフ
チャンネル
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。