Written by
ボルダリング
え?引き締め効果も!? 登って!落ちて!!また登る!!~短時間集中型★秋葉原ボルダリングの旅~

秋葉原ぶらりさんぽ

ヲタクや電気製品でおなじみの街、秋葉原に、スタイリッシュなボルダリングジムがあると聞いて調査に来た二人。

日曜日ということもあり、大通りが歩行者天国になっていました~。う~ん、独特な雰囲気。

大通り沿いには所狭しと電気屋さんが並び、大きな音で商品の紹介が流れてくる。そして、とにかくカラコン・ディファイン率が高い!!おじさんとかもしてる!!ちょっと歩き疲れても普通のカフェを見つけるのが大変難しく、メイドカフェかホビーカフェだらけ。ここが大通りで唯一見つけた普通っぽいカフェ。

エラいところに迷い込んでしまった…。

コトブキヤパニック

ならば、とことん飲み込まれてみようという覚悟で、KOTOBUKIYAという老舗のおもちゃ屋さんへ。

ちなみに一階から五階まですべておもちゃ屋さんです!!

秋葉原っぽい、アニメ好きな方向けの商品は多数ある。「こどもやマニアは楽しいかもしれないけど私たちはあまりご縁のない場所かもしれない」、と諦めかけていたところに!!

な、なに~~~~~~~!?

ウィケットがエスカレータ付近で守備を固める4階。

そこには大人も喜ぶスターウォーズやマーベルなどの映画の世界が!!

完全に、小さいころにおもちゃ屋さんに行くときのドキドキを思い出しましたね~!!

結局、幅広い世代、様々な趣味の人たちが楽しめる場所でした!!!KOTOBUKIYA万歳~★★★

すっかりフォースが覚醒したところで、勢い余ってカードガシャにもチャレンジ!

彼はジェダイだったようで、一発で主役を引き当てました~!!!

これで完全に勢いのついた我々は、もう一か所、秋葉原らしいところを攻めてみたいと、ガチャポン会館へ。

400以上あるガチャポンがざぁーーーっと並んでいるこの景色。大人も子供もガチャポンに夢中です。個人情報の都合上、込み具合は撮影できませんでしたが、親子連れやカップルでガシャポンを楽しむ人たちでごったがえしており、さながら朝の田園都市線のラッシュ状態でした。

私は勢い余って「藤岡弘、のコーヒーカップ探検隊」というフィギュアをゲットしてしまいましたw 

え?どうせ使わないのでは、ということに関して?心配ありません。ガシャポンは、回して出てくる瞬間が全てなのですから(今回学んだ。そしてわが家ではデスクにもあげてもらえていない藤岡弘、ごめんなさい!!)。

ここまで遊びまくって、もう最初のジムに行くという目的の前に一仕事終えた気分の私たちは、大通りからジムのある方向へ(ジムは駅・大通りから徒歩10分くらいの場所です)。

超異空間神社に参拝。

今度こそ、とジムへ急ぐ二人。

がしかし、異空間は続くよどこまでも。

道中ふと、見上げると、ビルから突き出た真っ赤な鳥居。ネットで検索すると「最近できた神社…」と???なにこれ??

入口から思いっきりイラストやフィギュアなど秋葉原色の濃い神社。不思議な空気に吸い込まれるように奥へ、奥へと誘われる私たち。

亀仙人のじっちゃん、めっちゃ囲まれて、供養されてる感ある…。

フィギュア供養に巫女さんの手書きの絵馬、そして、巫女さんとチェキができるおみくじ等。もはやサブカルチャーのギャラリー的な雰囲気ですが、奥には撮影禁止の御神体もあり、お参りだけでもOKなのだそうです(一応神社だから、当たり前か…)。

私は、ここの巫女さんの手書きの絵馬に感動し、常連さんだという男の人と意外と話が弾み、何故か「布教用のCD」と書かれた場所にあるアイドルのCDをお土産に頂けました。

神ってるかどうかはわかりませんが、とても親切でアットホームな雰囲気の神社でした。

いよいよボルダリングジムへっ!!

そんなこんなで、心ゆくまで秋葉原の街を観光した私たちは目的地『B-PUMP秋葉原』へ。

外観はスタイリッシュなビルで、遠くからでも一目でわかります。

内装も解放感抜群!ガチガチのスポーツジムというよりもレジャー施設感があり初心者でも入りやすいです。エントランスからカラフルなウォールが見えた瞬間からテンションが上がります!!

入会手続きを済ませて、安全確認の動画をさくっと見て、すぐにボルダリング開始!!初回の人はシューズとチョークが無料レンタルされます(チョークは滑り止め用のものです)。

とはいっても、私は全くの初心者でしかも運動不足。まずは、一緒に行ったメンバーのお手本を拝見。

ボルダリングのルールは簡単。彼のように、まずは「スタート」と書いてあるストーンに両手をかけて、足も同じ色のストーンにのせたら登り始める→「スタート」と同じ色のストーンのみに手や足をかけて登っていく→「GOAL」まで登ったら降りる。という実にシンプルなもの。

難易度別で色分けされていて、場所によっては初心者から上級者までが同じウォールで登ることができるため、どうやって登っているか見て学び、次のチャレンジですぐに活かすことができます。

カラフルなストーンがたくさんついているウォ―ルの下には分厚いマットが敷いてあり、ウォールのトップからどさっと落ちてもそんな痛くないのですが、マットの端にプレイヤーたちが体育座りで並んでいるため、落ち方によってはちょっと恥ずかしい&悔しい&痛い思いをしてしまいます。

お次は、「どうせなら、ここのジムの目玉、かっこいいライティングのウォールが良い!!」と、形から入るタイプの私のトライ。

あれ?

え?うそ?やだー!!

思った以上に体が重くて腕の力がない!!みんな軽々登っていくのに!!なぜ!?

ここで、もう一度、経験者の彼のボルダリングフォームを見てみましょう。

彼と私の大きな違い、そう、彼は壁と体の距離が近いのです。足をのせる位置や順番もきちんと作戦を練ってから登っています。なんとなくで登っていた私は、コースと自分の手足の長さと体力を考えてから登るようになったら、だんだんとクリアできるようになりました。

1本たった20秒前後のクライミングですが、見た目以上にハードで体全体と頭も使います。一回登って降りたら汗じんわり、全身に一気に血が巡るのを感じます。

登って得いる間は一瞬たりとも力を抜けないので、ずっと両手両足に力入れっぱなしです。マットに下りるころにはすべての指が少し張っているような状態で、指の筋肉痛という珍しい症状になる人も!

運動不足の人は翌日と言わず、一時間後くらいには緩やかに筋肉痛になるので、すぐ来る筋肉痛を楽しめます!!(これが後に女子力アップの秘訣となるw)

私たちの他にも大学のサークルで来られた学生さんや、一人で黙々と登る女の人など様々なタイプの人たちがクライミングを楽しんでいました。

登るだけ、じゃない!!クライマーだけが知る感覚

こうして、数十秒に懸ける、という地味な作業の繰り返しですが、集中して登っているときはいろいろ忘れて夢中になるため頭がすっきりします。自分との闘いです。ウォールを変えたりコースを変えたりして登り続けましたが、2時間強では物足りないくらいでした。運動不足の方は確実に筋肉痛間違いなしですが、この自分と向き合う集中の時間こそが最近話題のマインドフルネスに近いものがあると思いました(特に、無心になれるところが)。

頼れるものは指先と足先の感覚のみ。

ある意味、そうせざるを得ない状況を作り出して、自分のポテンシャルを引き出す貴重な機会でもあります。

ボルダリングを体験してみて

今回、初のボルダリングに臨んでみて、気になったポイントは、

「友達と行って盛り上がるが、結局は自分との闘いであるという点。みんなでワイワイ行けるし一人でも十分楽しめる。」

「爪は長かったら切るように勧められ(引っかかると爪が剥げるから、と)、私はジェルネイルをしている爪を切って臨んだが(それでも手のひら側から見て2ミリくらいは伸びてる状態だったが)、その状態で全然ストーンに引っかからずに安全に登れた。」

「二時間半くらい登りまくっていたが、汗もちょっとかいた位でメイクも落ちることなく体も汗ふきシート程度ですぐリカバれるので、その後の買い物や食事の予定が組みやすい。」

「ウェアと靴下があればいい!思い立ったら予約なしで手軽に行ける。」

ということです。地味なスポーツですが、最も嬉しかったポイントとして

「案外引き締め効果がすごい。筋肉痛もすごいけど、一時的な引き締め効果が二日間のみ出た!!!」

ということもありました!!冬の運動不足解消にもお勧めなのです!

ボルダリング後、二の腕や股関節回り、ヒップ、ウエストなどが一時的にサイズダウンしてデニムのパンツがゆるゆるになりました(つかの間の夢でしたが)!!忘年会やパーティーの前後のエクササイズにぴったりだなぁと思いました。

秋葉原ぶらりさんぽ再び

すっかり日が暮れた秋葉原のイルミネーションに癒されて。


急にお腹が空いてきた私たち!!お手軽にお肉いっぱいなものが食べたくなり、伝説のケバブやさんへ!!!


この辺りでは有名なケバブ屋さん(モーゼスさんのケバブ屋さん)。常にお客さんが並んでおり、モリモリのお肉が乗っかったケバブが食べられます。

運動後には最高のボリューム!!女性でも一気に食べてしまえる普通サイズですが、彼はお肉増量サイズをペロリ!!!


かなり駆け足での取材だったにもかかわらず、こんな近場で身も心も満たされて、大満足の一日となりました。山に出かける時間がない!でもアウトドアっぽい事を都心でしたい!という方にもぴったりです★

私もまた時間を見つけて、プライベートでも登りに来ようと思います!!

STEELO(スティーロ)にいいね!して
人生を楽しくする情報をいつも受け取る
Facebook公式ページ
Twitter公式アカウント
Fumi
投稿者
NO NAME
フォローやコメント、いいね、やりたいなどをするためには、会員登録またはログインをしてください。